頭痛持ちでも痛み止めを飲みすぎないように

収入が低い人ほど片頭痛になる人が多いという研究結果がアメリカで発表された!

とニュースで見ました!一体なんで収入が低い事で片頭痛になるんでしょうか?

その調査によると、女性で収入の高いチームと低いチームに分け、片頭痛に悩んでいる人の割合を調査した所、所得の低いチームの方が片頭痛で悩む人が多く、その割合は男性の調査でもこの同様の割合だったそうです!

そして片頭痛に悩まされている期間は収入によって違はなかったので、この事から収入が低い事がストレスで片頭痛になっている訳ではないという事もハッキリしたみたいです。

ただ、低収入のグループの人は高収入の人に比べて、片頭痛が酷くて欠勤などの弊害が多く出ている事もこの調査で明らかとなっているので、片頭痛が原因で仕事に集中出来なくて収入が下がっているのか、収入が低い事で頭が痛くなって、悪循環でどんどん収入は下がる一方なのか…

偏頭痛の対処法は、薬に頼りたくないならツボ押しがオススメです。

これは手の甲の親指と人さし指の骨の付け根の間にある合谷(ごうこく)を、気持ちよくなるまで押して揉み解すと頭の血流が良くなると言われています。

また目の痛みも伴うなら、左右の眉頭のすぐ横にある攅竹(さんちく)をゆっくりと押すのも効果的です!

僕は疲れている時なんかもこうやって両手を使って、合谷(ごうこく)を揉み解したり、左右の眉頭のすぐ横にある攅竹(さんちく)をゆっくりと軽く押します!

こうやって少しでも片頭痛を和らげて、勉強や仕事に集中出来る状況になる事で、少しでも収入が上がっていけば、イコール片頭痛も解消していっているバロメーターなんじゃないでしょうか?(笑)

自分もあまり頭痛薬はどうしても駄目な時の奥の手なんで、マッサージやリラックスや仮眠で、頭痛を和らげたいですね!

頭痛のある時は暖かいホットココアを飲んで休みましょう

ちなみに、頭痛薬を飲み続けると…

昔鎮痛剤を飲み続けるとボケるって言われた事があるんだけど本当なのでしょうか?

それ以来ちょっとやそっとじゃ飲まないようにしているんだけど、どうしようもない時は飲むとあっという間に痛みが治まるのでついつい飲んでしまう鎮痛剤…

鎮痛剤を飲むの人の大半は頭痛とか生理痛で飲む事が多いと思うんだけど、頭痛は男性よりも女性にも多いと言われていて、生理前や雨の日に頭が痛くなるという人も多いみたいです。

しかし一口に頭痛と言っても片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛など実は様々な種類があって、原因や対処法も違うみたいなので、頭が痛くなったからといってすぐに市販の頭痛薬に頼っていると様々なリスクがあるみたいです!

一つは僕もよく鎮痛剤を飲んだ後に起こる症状である胃腸障害!

これは胃が荒れる症状の事らしく、特にアスピリンという成分が多く含まれている頭痛薬は、胃を荒らしやすいみたいで、胃潰瘍の経験のある人や胃弱体質のお年寄りなどは、胃に良くないので注意が必要なようです。

あとこれは一般常識なんで言わなくてもわかると思うけど妊婦さん、妊婦は薬だけじゃなくて様々なものがあぶないので、当然市販薬はNGですよね。

そしてこれが、自分がなった症状だけど薬物乱用頭痛―(笑)

痛みの強すぎて何度鎮痛剤を飲んでも痛みが引かないので、用法容量を守らず、どんどん短時間で飲み過ぎてしまった事があって、その後医者に行ったらいつ死んでてもおかしくない量だよ!と怒られました…(笑)

あと最近ではスイッチOTC(Over The Counter)とかいって、病院で処方されるものと非常に似ている薬が市販で買えるようになっているらしいです。

でも病院で出される薬って副作用とか、色々な危険性があったり、強い薬だから医師の処方箋がないともらえない薬なわけだけど、それに近い薬が簡単に市販で買えたらなんか事故とか大丈夫なのかな?って思う。

だから薬で不安を抱えてる人は、店頭にいる薬剤師の方に相談してから、購入したり、自分みたいに飲みすぎる位痛みに耐えられなくなったら、お医者さんに行く事をオススメします。(笑)

そして鎮痛剤がボケに繋がるという話は、そうだという専門家と、逆に鎮痛剤を飲んでいた事で発症が遅れたという意見があるみたいで、どっちが正しいのかハッキリしません…

Filed under: 記事 — 15:59:00